前へ
次へ

鍼灸治療は肩こりや腰痛に人気

鍼灸治療とは東洋医学における治療方法であり、身体変化を手で触れることで状態を図り、状況に合わせて鍼や灸を施すものです。鍼や灸を行うことで、不調になった身体バランスを回復させる治療となります。昨今は高齢化が進んだこともあり、西洋医学にはない治療方法で健康を取り戻すことが出来ます。鍼治療では、直径が0.12~0.18ミリほどの極細のステンレス製の鍼を使うもので、円形の筒を用いる管鍼法、もしくは筒を使わず直接的に使う方法があります。鍼を刺すと言うことから痛みを心配する人も多いのですが、鍼を刺しても痛みを感じることは、ほとんどないと言う特徴を持っています。灸治療では、ヨモギの葉を乾燥させたものを使うものを直接肌の上に乗せる直接灸と、肌に間を空けて行う間接灸があります。間接灸では熱に対する緩衝材が熱を和らげることになり、気持ちよく治療が受けられることでも人気となっています。鍼灸治療は、肩こりや腰の痛みを訴える人に人気の治療方法でもあります。

Page Top